店舗販売で事業を拡大するには、他社と差異化できる強みを持たせるだけでは足りない。強みを維持しつつ、価格を低く抑えるための斬新な発想が求められる。コスト改革分析シートを使い、常識にとらわれないビジネスモデルの創出法を学ぼう。

 「西部課長、当行の融資先である地元の中堅コンビニチェーン『エーコーマート』の業績が伸びません。拡大のヒントをいただけませんか?北近畿では大手チェーンに負けない強さを誇りますが、首都圏では店舗数も少なく、知名度も低いままです」

 システム企画室の岸井雄介は食堂で昼食をとりながら、経営企画課長の西部和彦に聞いた。

 「エーコーマートか・・・。店内で調理する『ホットコック』や低カロリー・低糖質が売りの健康総菜『ヘルシーデリカ』などのフードメニューは業界トップクラスだな。北近畿のように他のコンビニが少ないところでは圧倒的に強いけど、競争が激しい首都圏では価格と知名度の面で厳しいかな」

 「そうなんです。エーコーマートは特徴のある店内調理フードや健康総菜で成長してきましたが、首都圏の店舗は苦戦しています」

 「なるほど、ところで今回の担当は何と言っている?」

 「新規ビジネス企画課の広沢次長と一緒に検討していますが、『強みを生かせていない』って言われています」

図 強みを生かせていないプレゼンの例
コスト削減の工夫なしには「強み」が生かせない
[画像のクリックで拡大表示]

 岸井雄介は35歳、西日本の地方銀行A銀行に入社以来システム開発に従事し、現在はシステム企画室の課長補佐である。最近A銀行が買収したFinTech子会社F社の企画部と兼務になり、さらにグループ横断的検討プロジェクトのメンバーになった。

 西部和彦は37歳、A銀行でシステム企画の仕事を長く担当し、多くの仕事を成功させてきたエース人材で、岸井の大学の先輩でもある。出向していたITコンサルティング会社から復帰し、多くの仕事を成功させた貢献が認められ、経営企画課長に昇進した。

 岸井は現在、新規ビジネス企画課と共同で、A銀行の商圏である北近畿で1970年代から事業を続けているコンビニチェーン「エーコーマート」の業績拡大企画を検討している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら