サーバー部門は富士通が首位を獲得、法人向けPCも富士通が1位だった。ネットワーク機器部門は2012年から2~3位を推移してきたヤマハが7年ぶりに首位を奪取した。前半はこのほかストレージ、ネットワークサービス、テレワーク支援(仮想デスクトップ/オンラインストレージ)、サーバー仮想化ソフト、データベースソフトの各部門の結果を紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]

【サーバー】
首位は富士通
技術支援で高評価

 富士通が首位を獲得した。技術的な問い合わせへの回答などを評価する「技術支援」や技術情報などの告知や周知に関する「情報提供」など6項目で平均を5ポイント以上上回る結果を出し、総合満足度で1位となった。2位の日立製作所は「技術支援」や「納期対応」「情報提供」など6項目で平均を5ポイント以上上回った。

※1:PureSystemsなど統合サーバーを含む ※2:日本IBMのPCサーバー事業を継承 以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。シスコシステムズ(61.2、24件)
[画像のクリックで拡大表示]

【法人向けPC】
富士通の強さ際立つ
2位デルは価格で評価

 富士通が「営業支援」や「技術支援」など11項目で平均を2.5ポイント以上上回り、総合満足度でトップの座に就いた。2位のデルは「価格競争力」が平均を10ポイント以上上回り、他社を圧倒。富士通やNECなど国内勢とは異なる傾向が見えた。

以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。パナソニック(61.1、24件)
[画像のクリックで拡大表示]

【ストレージ】
富士通が首位奪還
日立の健闘が目立つ

 2018年に首位だったNECを富士通が下し、2年ぶりの首位に立った。2018年に4位だった富士通は今回、「製品」「商材の開発」など9項目で平均を5ポイント以上上回る評価を得た。日立製作所は3年連続で2位にランクインし堅調を維持した。3位は日本ヒューレット・パッカード(HPE)が前回の6位から浮上。「価格競争力」が平均を5ポイント以上上回った。

※:TeraStationなど法人向け製品
[画像のクリックで拡大表示]

【ネットワーク機器】
大手ベンダー抑え
ヤマハが7年ぶり首位

 2012年から2~3位を推移してきたヤマハが7年ぶりに首位を奪取した。総合満足度で2位のNECと0.1ポイント差の接戦だった。ここ数年、富士通とNECが首位を争ってきた中で頭一つ抜け出した。「製品」「価格競争力」で高スコアを得た。NECは「収益性」や「商材の開発」など9項目で平均を5ポイント以上上回った。

※:個人向け製品は除く。企業向けのみ 以下は参考値。カッコ内は総合満足度、回答数。アラクサラネットワークス(60.6、23件)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら