システムインテグレーターやリセラーといったIT業界のパートナー企業に製品ベンダーや通信サービス事業者などについての評価を聞く「パートナー満足度調査」は21回目を迎えた。「サーバー」などのハードウエアと「データベースソフト」「グループウエア」などのソフトウエア、「ネットワークサービス」など合計16部門の満足度を調べた。

パートナー満足度調査 1位獲得企業
※「統合運用管理ソフト(クライアント系)」部門はSkyと富士通の同率1位

「RPAソフト」部門を新設

 2019年は新たに「RPAソフト」部門を設けた。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)はPCによる事務作業などの操作を自動化する技術である。人手不足の中、金融機関を中心に導入が増えている。複雑なプログラミングが不要なため、ITの専門家でなくても活用しやすい。

 RPA部門の新設と並行して、一部の部門を見直した。「サーバー」部門を設け、前回まで「PCサーバー」「エンタープライズサーバー」の2つに分けていた部門をまとめた。「法人向けデスクトップPC」部門と「法人向けノートPC」部門は「法人向けPC」部門に統合した。「仮想化ソフト」部門は「サーバー仮想化ソフト」部門に改変して製品ジャンルを絞り、仮想化ソフトに含めていた仮想デスクトップを分離。新たに設けた「テレワーク支援」部門に組み込んだ。そのほか企業内のコミュニケーションツールとして利用が進むビジネスチャット製品を「グループウエア」部門に加えた。

 調査は日経BPコンサルティングの協力を得た(調査概要は67ページ参照)。製品の機能や性能、信頼性、拡張性などについて聞いた「製品」、価格設定や価格体系に関する「価格競争力」など12項目に基づいて全16部門をそれぞれ評価した。

 調査は「サーバー」「法人向けPC」「テレワーク支援」「RPAソフト」「サーバー仮想化ソフト」の各部門を除き、前回と比較可能な11部門中、7部門で首位が入れ替わった。昨年は8部門の首位が入れ替わっており激戦が続いている。

 ITベンダーの中で強さが際立ったのが富士通である。「サーバー」「法人向けPC」「ストレージ」「ネットワークサービス」「データベースソフト」「統合運用管理ソフト(クライアント系)」の6部門で1位を獲得し、2018年の4部門1位から躍進した。

 新設した「RPAソフト」部門はNTTデータが首位を獲得した。「ネットワーク機器」部門ではヤマハが7年ぶりに首位へ返り咲いた。前回新設した「クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)」部門はアマゾン ウェブ サービスが連覇した。

表 パートナー満足度調査の評価項目
ITベンダーを12項目に基づき評価
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら