「CX(カスタマーエクスペリエンス、顧客体験の改善)」は重要だ。ある調査によると成果を上げている企業は4社に1社しかない。成功には「カスタマージャーニー」の設計が不可欠である。

 「CXイニシアチブで勝者と言えるのは全体の25%にすぎない」

 米カスタマーシンクのボブ・トンプソンCEO(最高経営責任者)はこう指摘する。同社は「顧客中心経営(カスタマー・セントリック・ビジネス・マネジメント)」に関するリサーチを手掛けており「CustomerThink.com」と呼ぶWebサイトを運営している。

 CXイニシアチブとはカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を改善させる取り組みを指す。CXイニシアチブを進める約200社を調査したところ、「数値で把握できる利益(ベネフィット)を上げ、競争力を強化できた」企業が全体の25%、「改善の兆候が見えてきた」企業が58%、「始めたばかりでまだ結果が出ない」企業が17%、という結果だった。利益とは顧客満足度の向上、強いブランドの形成、従業員の意欲(エンゲージメント)改善、顧客との関係(リテンション)改善などを指す。

成功する戦略は「唯一の体験」

 調査においては主要なCX戦略とその成功率も調べた。最もよく採用されている戦略は「タッチポイントの改善」(顧客に応対するコールセンターなどの活用)で回答企業の44%が取り組んでいた。次が「シームレスなカスタマージャーニー」(39%)。接触した顧客に対し、切れ目のない体験を提供するもの。さらにライバル他社が提供できない体験を顧客に味わってもらう「唯一のエクスペリエンス」が14%だった。

 成功率の高さの順番は逆になり「唯一のエクスペリエンス」が56%、「シームレスなカスタマージャーニー」が24%、「タッチポイントの改善」が18%となった。つまりタッチポイントの改善だけではなかなか前述の「利益」を出せない。顧客に一貫した体験を届け、さらにそうした体験をユニークなものにしていくことで利益を得られる。

 調査結果とその分析に基づきトンプソンCEOはCXイニシアチブで利益を出し、勝者になるカギを3点挙げる。

1.カスタマージャーニー それぞれの顧客に唯一の、そしてシームレスな体験を届ける。そのためにはジャーニーの内容をまとめたマップをつくる。ジャーニーを提供する顧客群をいくつか決め、そこにおける顧客の特徴(ペルソナと呼ぶ)を描く。そのペルソナが企業に接触してから、検討、購入、利用、保守などに至るまで、どのようなジャーニー(旅)をしていくのかを考え、どのタッチポイントでどの体験を提供するのかを設計していく。「顧客のクレームや要望に対処することはもちろん必要だが、それをCXイニシアチブとは呼ばない。CXの目的は問題解決ではないからだ」(トンプソン氏)。

2.ビジネスケース CXイニシアチブへの投資によりビジネス上、どのような利益が得られるかを説明する資料を用意する。経営者や事業部門長に目に見える効果を示し、投資を続けてもらう。「ステークホルダーを説得するビジネスケース作りは常に課題として挙がる」(トンプソン氏)。

3.エグゼクティブ 経営者や事業部門長が自らCXイニシアチブに参加し、チームを後押しする。「エグゼクティブの関与が最も重要な成功のカギ」とトンプソン氏は強調した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら