東京電力エナジーパートナーは2018年4月からRPAの本格導入を始めた。電力小売りの全面自由化で事務現場のPC作業が増加、その負荷軽減を狙う。社運をかけた新サービスを支える業務にRPAを活用する用途が広がりそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら