世界中で量子コンピューターの用途開拓が始まった。量子コンピューターの「量子超越性」は米グーグルが実証したが、本当に役に立つのかどうかはアプリケーション次第だ。米シリコンバレーで開催された国際会議「Q2B」から、化学メーカーや自動車メーカーを巻き込んだ熾烈な競争を伝える。

[画像のクリックで拡大表示]

 「量子コンピューターの実機は既にある。我々は次の段階として、量子コンピューターの有用なアプリケーション(用途)を真剣に探索するときだ」

 カリフォルニア工科大学で理論物理学を教えるジョン・プレスキル教授は2019年12月9日から11日まで米カリフォルニア州サンノゼで開催された量子コンピューターの国際会議「Q2B」の基調講演でこう主張した。

 プレスキル教授は、量子コンピューターが既存の古典コンピューターをはるかに超える計算能力を持つと示す「量子超越性」の概念を提唱したことで知られる。その量子超越性は米グーグルが2019年10月に「Sycamore(シカモア)」を使って実証したと発表した。

表 Q2Bで発表または言及された、最近の量子コンピューティング関連の活動
世界中のユーザー企業が用途開拓に挑む
[画像のクリックで拡大表示]
Q2Bで講演する米グーグルのジョン・マルティニスチーフサイエンティスト
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし現在の量子コンピューターは「0」と「1」の情報を重ね合わせた状態で保持できる「量子ビット」のエラー訂正ができないため、有用な用途がまだ見つかっていない。量子ビットの数が少なくエラー訂正ができないことから「NISQ(ノイズがありスケールしない量子コンピューター)」と呼ぶ。

 そこで現在、NISQを使った有用なアプリケーションの開発に世界各国の研究者やユーザー企業が挑戦している。グーグルで量子アルゴリズムのチームを率いるリャン・バブシュ氏は「NISQ向けアプリケーションはまだ性能が不確かで適応領域もニッチだが、将来は有望だ」と語る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら