情報システムに関わる大型訴訟がなかなか無くならない。ITが経営にとって一段と重要な存在になった現在、IT裁判はどの企業にも対岸の火事ではない。裁判資料や判決文を基に巨額裁判の経緯を紐解き、開発実務や法務面での教訓を探る。

 システム開発の失敗を巡り、野村ホールディングス(野村HD)と野村証券が日本IBMに計36億円の損害賠償を求めていた裁判で、東京地方裁判所は2019年3月20日、一部の請求を認めて日本IBMに約16億円の支払いを命じた。日本IBMによる反訴の請求は棄却した。

 ただし訴訟費用の負担割合は野村グループと日本IBMが10:11とほぼ半々だ。開発失敗の責任が日本IBMにあるとしつつ、認められた賠償額や訴訟費用負担の割合から見れば「痛み分け」の判決ともいえる。

図 野村-IBM裁判における双方の主張と判決
開発中止の妥当性を争った
[画像のクリックで拡大表示]

パッケージでIT費用の削減を狙う

 争いの対象は個人客が資産運用を証券会社に一任する金融サービス「ラップ口座」向けフロントシステムである。運用担当者は同システムを使い、顧客の要望に沿ったポートフォリオ管理計画を作成する。

 野村証券は2008年ごろから、老朽化した基幹系システムを2013年までに全面刷新する計画を進めていた。併せてラップ口座システムの刷新を決めた。その際に「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)やパッケージソフトを活用してIT費用を抑える方針を打ち出した」(内部関係者)。

 ラップ口座システムの開発は日本IBMと、既存ベンダーである野村総合研究所(NRI)とのコンペになった。

 日本IBMはラップ口座向けパッケージソフト「Wealth Manager」のカスタマイズ導入を提案した。Wealth Managerの開発元は金融系ソフト大手であるスイスのテメノスだ。テメノスはIBMとパートナー関係にある。

 NRIが提案したソフトは口座数が5000以上になると処理しきれないなど、野村側の要求とは開きがあった。最終的に野村は日本IBMの提案を採用、2010年11月に契約を結んだ。

 2011年1~4月の要件定義から基本設計、詳細設計を経て、2012年3月末に内部テストを完了。NRIの証券総合バックオフィスシステム「THE STAR」と接続する総合テストを経て、2013年1月4日に本稼働させる予定だった。開発費用の見積もりは17億7900万円だった。だが開発は相次ぎ遅延。総合テストに至るも不具合が収束せず、野村側は開発中止を決めた。

表 ラップ口座向けフロントシステム開発の経緯
要件定義が難航した(注:主に野村2社の訴状に基づく)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら