2月末に世界最大の携帯関連見本市「MWC19バルセロナ」が開かれた。5Gの商用化を目前にスマホメーカーが新型機を発表、注目を集めた。「疑惑」に揺れる中国ファーウェイは巨大ブースを構え、トップが講演するなど全力で最新製品をアピール。10月に日本で携帯事業を始める楽天は通信網の構築ノウハウを披露した。現地取材に基づき「5G前夜」の最新動向をまとめた。

 「5Gはもはや未来のものではなく、ここにある」。フィンランドのノキアのラジーブ・スリ最高経営責任者(CEO)はMWC19開催前日の2019年2月24日、報道関係者向けのイベントでこう宣言した。ノキアはスウェーデンのエリクソンや中国の華為技術(ファーウェイ)とともに通信機器大手の一角を占め、世界各地で第5世代移動通信システム(5G)のサービス展開に関わる。冒頭の発言は5Gの商用サービスがいよいよ始まるこのタイミングを踏まえてのものだ。

MWC19の会場
[画像のクリックで拡大表示]
中国ファーウェイの展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が2020年に商用サービスを予定する。世界に目を向けると米ベライゾンは固定回線の代替用途ではあるものの2018年10月に世界初の5G商用サービスを開始。韓国では大手3社が2019年3月末に5Gの電波を直接受信できるスマートフォン(スマホ)を一般消費者向けに発売し、5Gの商用サービスに乗り出す。2019年中には欧州やオーストラリア、中国などでも5Gの商用サービスが始まる。

NTTドコモの展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

 まさに「5G前夜」の時期だけに、MWC19では5Gの商用展開を前提とした通信機器の展示が多く見られた。例えばエリクソンは家庭の窓ガラスに貼り付ける5Gアンテナを出展。さらに自宅近くの5G基地局を地図で確認し、5G対応無線LANルーターの設置場所を決める際の参考にできるスマホアプリも展示した。

楽天の展示ブース
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら