特集で取り上げた「AI人材」は、捉えどころがなく、定義が難しい人材像です。習得すべきスキルも数学の素養や統計、機械学習など幅広く、全てを満たすAI人材はまれです。ただ優れたAI人材が例外なく身に付けている素養があるとすれば、「問題発見・解決力」でしょう。政府はAI人材を年25万人輩出する計画を掲げていますが、Pythonや深層学習の座学より前に問題発見・解決力を磨く実習こそ必修にすべきだと思います。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら