第5世代移動通信システム(5G)は小幅なサービス展開にとどまるのではないか。一時はそんな不安もありましたが、ここ数カ月で通信4社の力の入れ具合が見えてきました。米国や韓国、中国における5Gの取り組みの状況などにも触発されたようです。直近では端末価格の割引規制や通信料の値下げを巡る各社と総務省のせめぎ合いばかり注目されていますが、技術は進化するもの。次世代サービスは「横並びで互いに様子見」ではなく、さらなる活発なイノベーションの競争を期待したいものです。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら