大学のCSIRT担当者はセキュリティ対策の難しさを訴えました。「『各種対策は研究に支障をきたす』と教授会で異論が出る」「通信の監視は『研究データが他者にのぞかれる』と反対される」といった具合です。気になるのはCSIRTが自らを「研究や教育現場を制約する疎まれる組織」と自認するふしがあったこと。CSIRTは被害拡大を防ぐ火消し役であると、まず自分自身が認識することが対策を高める第一歩と感じます。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら