特集で政府公文書の電子化の取り組みを改めて検証しました。森友問題では政府の文書管理システムに登録されていた文書でさえ財務省が開示を遅らせていた場面がありました。有識者の間では公文書の改ざんや隠ぺいを難しくするため公文書管理にブロックチェーンを活用するアイデアが議論され始めています。文書の属性や決裁状況などのメタ情報を改ざんできない記録として保管し、外部からも文書の書き起こしから決裁過程までを検証可能にする狙いです。現在の文書管理システムを官僚たちが正しく運用し、正確な情報開示に生かしていれば、こんな議論は不要なはずです。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら