ソフトバンクの携帯電話サービスに2018年12月6日午後、大規模な障害が起こった。約3千万回線が日中の4時間半にわたって通話や通信できない異例の事態に陥った。原因は通信の要となる、交換機のソフトの不具合だった。ソフトの異常により認証などの処理が進まず、端末が通信できなくなった。再発防止と信頼回復に向け、通信事業者としての責任が問われる。

 「こんな日に限って電話する用事があるのにかけられない。何のためのスマホ?」―。2018年12月6日午後、ソフトバンクの携帯電話サービスに起こった大規模な通信障害について、インターネット上には悲鳴があふれた。

 障害が起こったのは12月6日午後1時39分ごろだった。ソフトバンクや格安ブランド「ワイモバイル」の4G(LTE)回線を利用した携帯電話サービスが日本全国で一斉に使えなくなった。4Gを使った家庭向けの固定電話サービス「おうちのでんわ」や無線LANの「SoftBank Air」も利用できなかったり、つながりにくくなったりした。3Gも通信が不安定になった。

 当初からソフトバンクは通信における初期段階の処理を担うMME(Mobility Management Entity)に原因があると判断していたようだ。東京と大阪のセンターで稼働する交換機のソフトがその処理を担っていた。

 関係者によると、障害発生から1時間半ほどたった午後3時前後に交換機全台を再起動した。だが復旧しなかった。その後、午後5時ごろから数台単位でソフトを旧バージョンに切り戻して復旧を確認。全台の切り戻しを終え、障害が解消したのは発生から4時間半近くたった午後6時4分ごろだった。その間、多くのユーザーは通信や通話のほか緊急通報ができなかった。「ワイモバイル」を含めて約3000万回線が影響を受けた。

佐川は集荷や再配達に遅れ

 通信障害は個人の生活だけでなく企業活動にも影響を与えた。ソフトバンクの4Gサービスを全面導入していた佐川急便は、セールスドライバーが持つ専用端末に集荷依頼や再配達の情報が届かなくなった。ドライバーの携帯電話も使えず「ドライバーへの連絡手段が断たれた」(佐川急便)。

 例えば不在票を受け取った顧客は営業所かドライバーに電話をかけるか、専用サイトに必要事項を入力するかして再配達を頼む。しかし、障害によって顧客がドライバーに電話をかけてもつながらなかった。営業所に電話するか、専用サイトに入力するかしても、佐川急便側がその情報をドライバーに伝えられず、配達業務が滞った。

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは一部空港で遅れが発生した。「成田や千歳、中部、宮崎発の計11便で改札業務に通常より10~15分ほど余計に時間がかかった」(ジェットスター・ジャパン)。

 ジェットスターは国内で就航する13空港の改札業務にiPhoneを計50台活用している。この業務はiPhoneに取り付けたバーコードスキャナーで搭乗券のバーコードやQRコードを読み取り、サーバーのチェックイン記録と突き合わせる仕組みだ。ソフトバンク回線を使う4空港でこの照合作業ができず、搭乗券の半券を回収する旧来のやり方で対処した。全日本空輸(ANA)も事務系を中心に約1万人がソフトバンクのスマホを導入していたため、内線や外線で連絡できなくなり、営業などの業務に支障が出た。

表 業務やサービスに支障が出た主な企業
ソフトバンクの通信障害で企業活動が滞った
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら