米ウーバーテクノロジーズの自動運転車による歩行者死亡事故の原因が分かった。自動運転システムは、道路を横切る歩行者を認識できなかった。前方に障害物を発見しても、1秒間は自動ブレーキが動作しない設定でもあった。障害物がないのにあると誤認識する率が高かったため、ブレーキを抑制していた。技術レベルが低いまま走行実験をしていた実態が浮き彫りになった。

 「自動運転システム(ADS)のセンサーは衝突の約6秒前に被害者を検出していたが、ADSはそれが歩行者だと認識できなかった。交通ルールを無視した歩行者や自転車に乗った人だと正確に予測できてもいなかった。被害者は横断歩道ではない場所を横切っており、ADSは設計上、交通ルールを無視する歩行者を想定していなかった」

 米安全運輸委員会(NTSB)は2019年11月5日、米ウーバーテクノロジーズの自動運転車にシステム上の欠陥があったと指摘する報告書を公表した。ウーバーの自動運転車は2018年3月18日夜、米アリゾナ州テンピ市で試験走行中に歩行者をはねて死亡させる事故を起こしていた。

 ウーバーの自動運転車のADSはLiDAR(3次元レーザーレーダー)やレーダー、カメラ10台で構成する360度対応のカメラシステムなどを使って周囲の環境を監視し、GPS(全地球測位システム)などによって自身の位置を特定しながら走行していた。

図 ウーバー自動運転車の技術要素
センサーの情報を生かせず(写真:米ウーバーテクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転車には緊急時に備えてセーフティードライバーが1人乗車し、運転席でシステムの作動状況や運転環境を監視していた。問題が発生した際にはドライバーがハンドルやアクセル、ブレーキを直接操作したり、センターコンソールにある赤いノブを押し倒したりする。そうするとADSからドライバーに運転が切り替わる仕組みになっていた。にもかかわらず事故は起こった。報告書が指摘するシステム上の問題はおもに以下の3つだ。

 第1に自動運転車のADSが被害者を歩行者と認識できなかった。自動運転車は事故発生時に時速約70キロメートルで走行していた。ADSのセンサーは衝突事故の5.6秒前に被害者の存在を検出したが、そのときは「車両」と認識していた。5.2秒前には「その他」と認識し、4.2秒前に再び「車両」とした。その後「車両」と「その他」で修正を何度か繰り返し、2.6秒前に「自転車」と認識した。その後も「不明」と「自転車」を行き来した。現実には自転車を押した歩行者だったが、最後まで「歩行者」とは認識できなかった。

 報告書は「対象の分類が数回にわたって変化したため、ADSは対象の進路も正確に予測できなかった」と指摘する。自動運転車は道路の右車線を走行し、被害者は車両の進行方向左側から右側に向かって道路を横切っていた。被害者は動いていたが、ADSは検出した対象が「静止している」と何度か予測していた。被害者が完全に車両の進路上にいるとシステムが予測したのは事故のわずか1.2秒前だった。その時に初めて衝突が差し迫っている危険な状況だとシステムが認識した。

 衝突を回避するには急ブレーキを踏んだりハンドルを切ったりする必要がある。しかしADSはその時、どちらも即座に実施しなかった。その代わりにADSは「動作抑制モード」に入った。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら