携帯3社は2018年5月9日に新たなメッセージングサービス「+メッセージ」を始めた。ところが開始直後、3社のうちソフトバンクだけがアプリの配信を中止した。利用者が過去のメッセージデータを消してしまう誤操作が相次いだためだ。ソフトバンクがアプリの配信を再開したのは、約50日間が経過した6月28日のこと。競合する3社が協力して「打倒LINE」を狙った異色サービスは開始早々つまづいた。

 「アンインストールしたら今までのメール全部消えた(白目)」、「メールアプリが勝手に更新されて、なんじゃこりゃ!と戻したらメールデータ全て消えた。え、嘘でしょ……?」

 2018年5月9日、Twitterに悲痛なつぶやきが相次ぎ投稿された。原因はソフトバンクが同日に配信を始めたメッセージングアプリ「+メッセージ」(プラスメッセージ)のトラブルだ。

 +メッセージは携帯電話番号だけで送り先を指定でき、テキストや動画、スタンプをやりとりできる。NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯3社が5月9日、Android向けに一斉に提供を始めた。3社は公言しないが「打倒LINE」を意識している。

 新サービスはSMS(ショート・メッセージ・サービス)の進化版で、携帯通信事業者の業界団体GSMA(GSM Association)の標準規格「RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)」に準拠する。3社間で相互にメッセージを送受信できるよう、仕様や機能などを統一。アイコンやUI(ユーザーインタフェース)も3社でそろえた。

 ところがアプリの配信を始めて1日近くが経った9日午後10時ごろ、3社のうちソフトバンクだけが突如配信を停止した。再開したのは6月28日。約50日間配信を停止したことになる。

 配信を止めた理由は、利用者が過去の送受信メッセージを誤って消してしまうトラブルが相次いだことにある。

 +メッセージアプリの配信方式は各社で異なる。ソフトバンクは既存のアプリ「SoftBankメール」を自動で更新し、置き換える方式を採った。アプリの自動更新機能をオンにしていた利用者に5月9日から順次配信していた。

 だが+メッセージのアプリのアイコンを見た複数の利用者は、SoftBankメールの後継アプリだとは気づかず「インストールした覚えのないアプリがある」と誤解。アプリのアンインストールを試みた。このアプリは削除できない設定で、アンインストールを選択するとアプリが初期化されて出荷時の古いバージョンに戻る。このとき、これまでSoftBankメールで送受信したメッセージも全て消えてしまった。バックアップを取っていない場合、一度消えたデータを元に戻すのは極めて困難だ。「操作が慣れているSoftBankメールに戻したい」と考えてアプリを初期化し、データを意図せず消してしまった利用者もいたという。他の2社に同様のトラブルはなかった。

図 大手3社におけるメッセージングアプリの移行方式の違い
見慣れないアプリを消そうとしてデータが消えた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら