東京電力パワーグリッドが2020年度までに全顧客に設置を進めるスマートメーターでこれまでに28件の発火事故が起きた。2つの原因が重なり、対策にてこずった。同社は約8万8000台の全対象機種について交換を進めている。並行して施工不良の恐れがある場所を特定して、対策を急ぐ方針だ。

 東京電力パワーグリッドは2018年11月19日、東光東芝メーターシステムズが製造したスマートメーター(電力量計)の不具合によって機器内部で発火が起きていたと初めて発表した。前日付の東京新聞で「事故や不良品について公表していない」と報道されたのを受けたものだった。

 東京電力パワーグリッドは東光東芝メーターシステムズ製のスマートメーターについて、「2017年後半から顧客に余計な心配を掛けないよう個別に通知して交換作業を進めていた」(業務統括室)と説明する。発表時点で火災と認定されたものが16件あったという。

 ところが東京電力パワーグリッドは翌月の2018年12月1日、発火事故には別の原因もあると公表した。茨城県つくば市で11月30日午後2時ごろに屋外に設置してあるスマートメーター付近から出火が1件確認されたと発表したのだ。当該機器は東光東芝メーターシステムズ製ではなかった。

 東京電力パワーグリッドはその4日後の12月5日、茨城県つくば市の出火事故については原因を調査中としながらも、施工不良の可能性が高いと公表した。同時に2016年5月から施工不良が原因と推定される設備損壊が3件、火災と認定されたものが3件の合計6件の発火事故を確認したと明かした。

 2019年に入っても東光東芝メーターシステムズ製によるものではないスマートメーターの焼損を5件公表した。2019年2月25日には千葉県銚子市で、4月3日にも東京都練馬区で屋外に設置するスマートメーターの焼損がそれぞれ1件確認されたと発表した。

 東京電力パワーグリッドは東光東芝メーターシステムズ製以外の焼損の原因はまだ調査中とするが、いずれも施工不良の恐れが高いという。建物への延焼や負傷者といった被害はないものの、公表資料には「お客さまには、ご心配をおかけし申し訳ございません。原因究明に努めて参りますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします」との文言が並ぶ。

 東京電力パワーグリッドによるこれまでの発表などをふまえると、スマートメーターの発火の原因は2種類あったことになる。1つはメーカーの製造工程で電子部品が損傷し、基板の一部が発熱するものだ。もう1つは委託した工事会社の施工不良による発熱だった。発火事故の原因が2つあったため手間がかかったとはいえ、対応が後手に回った感は免れない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら