米IBMは長きにわたり国産ITベンダーにとって「先生」だった。1980年代まではメインフレーム、つまりハードウエアのビジネスをIBMから学んだ。1990年代にはオープン系システムの時代となり、IBMは米マイクロソフトに覇権を奪われたが、ITサービス中心のビジネスに転身を図り、国産ベンダーの導き手となった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら