デジタルトランスフォーメーション(DX)はバズワードではない。DXの本質は変革。変革なき企業は生き残れない。先進事例を徹底研究し、DX成功の要諦を探る。

 デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か。まずは経営者の声に耳を傾けてみよう。

 ガス販売大手、日本瓦斯(ニチガス)の和田真治社長は「デジタルを使って変わり続けるというマインドセットを持つこと」と定義する。「破壊者が業界をかく乱する前に自分たちが変革をリードできる存在になること」とするのは、あいおいニッセイ同和損害保険の黒田正実副社長だ。

 2社をはじめとした先行企業への取材により見えたDXの神髄を一言で表すと「企業文化の変革」である。散発的にクラウドやIoT(インターネット・オブ・シングズ)、AI(人工知能)といった新しいITを導入するだけではDXと言えない。

 刻々と変わる社会情勢や顧客ニーズに即応するため、あるいは別の業界から突如現れる破壊的な企業に対抗するために、次々に登場するデジタル技術を積極的に取り入れながら企業活動や製品をどんどん変えていく。そうした企業文化への変革こそがDXなのだ。

図 DXに取り組む理由
DXにゴールなし
[画像のクリックで拡大表示]

 「一時的な流行で終わり、真の変革に結び付かない恐れがある」。IDC Japanの寄藤幸治リサーチバイスプレジデントは国内企業における現状のDXの過熱ぶりに警鐘を鳴らす。DXに飛びつくもののPoC(概念実証)で終わったり単発的な取り組みであったりする企業が多く、内容も実業務との関連が薄いとの指摘だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら