台風19号では多摩川が氾濫するなど、人口密集地域が水没の危機にさらされた。気候変動の影響で災害が激甚化し、「首都水没」への包囲網は確実に狭まりつつある。そんななか、東京都葛飾区が打ち出したのが、浸水を「受け流す」市街地構想だ。

 2015年の関東・東北豪雨では鬼怒川の堤防が決壊し、16年には3つの台風が北海道に上陸。17年の九州北部豪雨では線状降水帯が猛威を振るい、18年の西日本豪雨は死者・行方不明者232人を数える「平成最悪」の水災害となった。

 そして19年の台風19号。西日本豪雨を上回る約2万5000haが浸水した。多摩川が氾濫し、荒川の水位が急上昇。「首都水没」がいよいよ現実味を帯びてきた〔写真1〕。

〔写真1〕荒川の水位も上昇
荒川・岩淵水門の上流側の水位は2019年10月13日午前10時にピークの7.16mに達した。1958年に神奈川県に上陸して1200人以上の犠牲者を出した狩野川台風の水位である7.48mに迫った(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「気候変動などの影響が治水対策の進捗を上回る、新たなフェーズに突入した可能性がある」。国土交通省の検討会は10月18日、「気候変動を踏まえた治水計画のあり方」と題する提言を発表し、治水対策の見直しを強く迫った〔図1〕。

〔図1〕猛烈な台風が増え、経路は北上する
現状 今後の予測
気温
  • 世界の平均気温が0.78℃上昇(1850~1900年と2003~12年の比較)
  • 21世紀末の世界の平均気温はさらに0.3~4.8℃上昇
降雨
  • 豪雨の発生件数が約30年前の約1.4倍に増加
  • 2018年7月の西日本豪雨における陸域の総降水量は約6.5%増
  • 21世紀末の豪雨の発生件数が約2倍以上に増加
  • 短時間豪雨の発生回数と降水量がともに増加
  • 流入水蒸気量の増加により、総降水量が増加
台風
  • 2016年8月に北海道に3つの台風が上陸
  • 日本周辺の猛烈な台風の出現頻度が増加
  • 通過経路が北上
気象庁によると、約30年前と比べて1時間降水量が50mm以上の「短時間強雨」の発生回数は約1.4倍に、100mm以上につあいては約1.7倍に増加した(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)

 提言では国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が14年にまとめた第5次評価報告書を踏まえ、40年ごろまでに平均気温が2℃ほど上がるとすると、100年に1回の降雨量が全国平均で現在の1.1倍になるとした。河川の流量は約1.2倍、洪水の発生頻度は実に約2倍に上昇する〔図2〕。

〔図2〕2℃上昇で洪水の発生頻度は2倍に
降雨量 流量 洪水発生頻度
4℃上昇(RCP8.5) 1.3倍 約1.4倍 約4倍
2℃上昇(RCP2.6) 1.1倍 約1.2倍 約2倍
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が2014年にまとめた第5次評価報告書を基にしている。表中のRCP2.6は、21世紀末に温室効果ガスの排出をほぼゼロにする最も楽観的なシナリオ。「2℃上昇」の各値は暫定値(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら