群馬県富岡市内で発生した斜面崩壊。住宅をなぎ倒し、3人が犠牲になった。土砂災害警戒区域の指定を受けない「緩い傾斜」で発生したため、市は予見が難しかったと説明する。今後は、被災リスクが低いとされる傾斜の緩い斜面でも、土砂災害が増える恐れがある。

 群馬県富岡市内匠(たくみ)で斜面崩壊が発生したのは10月12日午後4時半ごろ。集落の東側の斜面が2カ所で崩れた〔写真1〕。土砂は斜面の途中で合流。巻き込まれた住宅1棟が全壊、5棟が半壊し、住民3人が死亡、5人が負傷した。崩壊の幅はどちらも約20mで、深さは最大3mだった。

〔写真1〕災害発生までの24時間に400mm近くの雨量
斜面崩壊は2カ所で発生して合流した。3.5kmほど離れた位置の雨量計は災害発生までの24時間に400mm近くの雨量を観測。1時間当たりの最大雨量は約50mmだった。写真は2019年10月16日午後2時ごろにドローンで撮影(写真:群馬県県土整備部砂防課)
[画像のクリックで拡大表示]

 この斜面の傾斜は20度程度で、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域(急傾斜地の崩壊)の指定要件である30度に比べて緩い〔図1〕。

〔図1〕崩壊斜面の傾斜は20度と緩い
斜面に向かって左側の崩壊前後の地形。水平距離にして約20m分の斜面が崩れた(資料:若井明彦・群馬大学大学院教授)
[画像のクリックで拡大表示]

 10月15日に現地調査をした国土交通省国土技術政策総合研究所砂防研究室の山越隆雄室長は、「20度程度の緩い傾斜地で土砂崩れが起こる例は珍しい」と指摘する。山越室長は原因について、「崩壊箇所に地下水が集中したため」とみる。

 富岡市は10月12日正午過ぎから、土砂災害警戒区域などに避難勧告・指示を出したが、この地区はノーマークだった〔図2〕。市は「警戒区域に含まれておらず、事前に危険性を把握できなかった」と説明する。群馬県の山本一太知事は「周辺で同様の地形を抽出する」と今後の方針を語る。

〔図2〕崩壊した斜面は警戒区域外
崩壊した斜面は傾斜が緩く、土砂災害警戒区域に指定されていない。集落を挟んで向かいの斜面は警戒区域内だったが、今回の大雨では変状しなかった(資料:群馬県土砂災害警戒情報提供システムの地図に日経アーキテクチュアが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら