改正建築士法の施行に伴い、建築士試験などが激変する。大学卒業後すぐに受験できるようになるほか、実務経験の対象が大幅に拡大された。2020年以降、資格や実務はどう変わるのか。新ルールを徹底解説しつつ、建築界への影響を読み解く。

上図は大学卒業後、大学院に在籍しつつ一級建築士試験を受験・合格して就職後に実務経験を積むケースを想定(資料:取材を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2020年1月9日号 pp.36-37 特集 新建築士 “超”入門
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。