純木造にこだわり過ぎると、施工コストや材料調達の面から木造が実現しない場合がある。木造重視の追い風が吹くなか、市場をより拡大するには「適材適所」の考えが必要だ。防耐火をはじめ最新の事例に詳しい桜設計集団代表の安井昇氏の話を参考にまとめた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら