今春、ノルウェーに世界一高い木造建築が完成した。国内では、高さ50mを超える計画も明らかになった。CSR(企業の社会的責任)による環境配慮、木質空間の持つ効果などから、都市部の計画は増えそうだ。

(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

日本をはじめ、世界中から視察者が押し寄せる高層木造ビルが北欧にある。オフィスやホテル、短期滞在用アパートなどから成る「ミョーストーネット」だ。フォトジャーナリストの武藤聖一氏が現地をリポートする。

 ノルウェーの首都オスロから北へ約140km、ブルムンダルという町に世界一高い木造複合ビル「ミョーストーネット」が完成し、世界中から数千人もが視察に訪れている。建物は18階建て、高さ約85.4m。総工費5000万ユーロ(約61億円)をかけて19年3月に竣工した〔写真1〕。

〔写真1〕湖畔に広がる北欧の町に完成
ノルウェーの小さな町ブルムンダルに、世界一高い木造複合ビル「ミョーストーネット」が完成した。右は、敷地に隣接するミョーサ湖側からの見上げ。高層部のアパートはベランダを設置した(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地は、ノルウェー最大のミョーサ湖に隣接している。事業者は、ブルムンダル出身のアーサー・ブチャート氏とその子息が経営するAB Invest A/S。設計は、ノルウェー・トロンハイムに拠点を持つヴォル・アーキテクターが手掛けた。

 ブチャート氏は、地元の素材や生産者、企業を使って、世界一高い木造ビルをつくりたいと願った。主な木材は、近隣の森から持ち込んだ。約1400m3の構造用集成材は、敷地から約15kmの距離にあるモエルフェン・リムトレ社の工場で加工した。そのほか、エレベーターや階段のシャフトにCLT(直交集成板)、床の一部にLVL(単板積層材)を使用した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら