最大約5000人の観客を収容する多目的競技場は、県産のスギ製材中心のトラスを持つ大空間だ。設計期間が短いことから、設計プロポーザルでは鉄骨トラスで耐火建築とする案。発注者の理解を得て木造で実現した。

 大分県が2019年春にオープンした武道スポーツセンターは、多目的競技場と武道場から成る。最大の特徴は、多目的競技場の屋根架構だ。大分県産のスギ製材による約70mスパンのアーチトラスがアリーナを覆う〔写真1〕。

〔写真1〕製材をつないだアーチトラス
多目的競技場の屋根架構は、製材を突き合わせてつないだアーチトラス。固定席と移動席をそれぞれ2000席持ち、最大で約5000人の観客を収容(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 設計者は、2015年の公募型設計プロポーザルで選ばれた石本建築事務所執行役員プリンシパルアーキテクトの能勢修治氏。外観はプロポーザル時と大きく変わっていない。「武道系、なかでも剣道が中心になると捉え、日本刀の緩いカーブを建物の側面に表現した」と能勢氏〔写真2〕。

〔写真2〕大小2つのアリーナで構成
武道場の前から見た多目的競技場。3階レベルが屋外広場になっており、大規模な大会などでは、観客は屋外広場に面した出入り口からアプローチする(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
北側からの全景。左が多目的競技場で、右が武道場(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
断面図
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら