竣工から10年。庭のような開放感を持つ共用の土間空間は、アーティストの拠点となる“アトリエ広場”から、地域交流の場へと移行してきた。入居者の想像力から生まれる多様性を、大らかな共用部が受け止めている。

 「使い手の想像力は、設計者の想定を軽々と超える」。オンデザインパートナーズ(横浜市中区、以下オンデザイン)の西田司代表は、自身の代表作とも言える「ヨコハマアパートメント」のこれまでを振り返り、そう語る。同アパートは2009年8月に竣工。まる10年がたった。

 西田代表が「想定を超える」と話すのは、半屋外の1階土間の使い方だ〔写真1〕。キッチンを設置したこの場所はクリエーティブ職が多い入居者たちの共用空間で、イベント会場にもなる。「展示会や食事会が催されることは設計時から想定していたが、書き初めや流しそうめんまで開催されるとは、思ってもみなかった」と西田代表。自身も竣工後の約1年間、家族3人で同アパートに住んでいた。

〔写真1〕交流を育む半屋外の土間空間
共用の1階土間。天井高は約4.9m、広さは57.35m2。階段は居室ごとに設けてあり、踊り場の高さがそれぞれ異なる。右手のドアは共用トイレ、その奥のドアは共同で使うキッチン用品などを収納する倉庫(写真:安川 千秋)
[画像のクリックで拡大表示]

 日常的には、入居者たちが料理や食事をしたり、ベンチで昼寝をしたりする。入居者それぞれが、思い思いに使いこなす。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら