日経アーキテクチュアの調査に回答した企業の約66%が設計・監理業務の売上高を伸ばすなど、設計事務所の業績は好調だ。市場の変化や多様化する発注者のニーズに対応しつつ、さらなる飛躍を目指す動きが加速している。注目企業の戦略を見ていこう。

(写真 人物:日経アーキテクチュア、風景:日本工営)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
日経アーキテクチュアの2018年度決算調査に回答した設計事務所の設計・監理業務売上高トップ15。売上高の後ろにあるカッコ内の数字は対前年度増減率。上位15社の顔ぶれは前期と全く変わらず、日建設計が首位を維持した。調査の概要と15位以降のランキングは「設計事務所2018年度決算ランキング」参照
出典:日経アーキテクチュア、2019年9月12日号 pp.34-35 特集1 設計事務所をアップデートせよ
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。