愛知県岡崎市の岡崎城郭・総曲輪(そうくるわ)エリアの地域再生計画「乙川リバーフロント地区公民連携まちづくり基本計画(QURUWA戦略)」が注目を集めている。都市プランナーの泉英明氏(ハートビートプラン代表)らが市のアドバイザーを務める。この座組みを支援したのがNPO法人の「岡崎まち育てセンター・りた」だ。事務局長の天野裕氏は「住民と行政、専門家が垣根を越えて地域の資源を掘り起こし、使いこなすための触媒」と役割を説明する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら