突然、爆発音が響き、全面に細かなひびが広がる──。強化ガラスは外力が作用していない状態でまれに自然破損することが知られている。自然破損が頻発した呉市庁舎では、調査を進めるうちに意外な事実が判明した。

 広島県呉市の庁舎で、2015年末の竣工から2年半のうちに、異なる2社が納入した強化ガラス3枚が相次いで割れた〔写真1図12〕。いずれも外力が加わっていない状態で突然割れる「自然破損」だった。

〔写真1〕外力が加わらなくても強化ガラスは割れる
呉市庁舎7階の執務室で、突然、爆発のような音と共にガラスが粉々に割れた。破片の一部が脱落したが、一時作業スペースのため近くに人がおらず、二次被害はなかった(写真:呉市)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図1〕呉市庁舎へガラスメーカー2社が納入
呉市庁舎の設計は大建設計、施工は五洋建設で2015年12月に竣工。AGC製の合わせ強化ガラス1枚と、セントラル硝子製の強化ガラス2枚が相次いで自然破損した(資料:取材を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図2〕竣工から2年半で3枚が自然破損
(資料:呉市の資料と取材を基に日経アーキテクチュアが作成、写真:下は呉市、右上は日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 最初の破損は17年2月2日。7階執務室に設置していたセントラル硝子製の強化ガラスだ。市は施工した五洋建設に対応を依頼。同社は瑕疵(かし)担保期間中のため、無償交換した。

 安心したのもつかの間、同年4月5日に、4階執務室で再びセントラル硝子製の強化ガラスが破損した。五洋建設はガラスを交換すると共に、原因の調査に着手。当面の安全対策として、高さ3m以上の位置にあるガラス全てに飛散防止フィルムを張った。

 すると今度は西エントランス上部の旭硝子(現AGC)製合わせ強化ガラスが割れた。18年6月14日、来庁者がいる時間帯だった。呉市総務部の岡本茂宏課長は「1階の職員が慌てて連絡してきた」と振り返る。合わせガラスは複数のガラスを中間膜で接着しているため、割れても脱落しにくいが、破損面に飛散防止フィルムを張り、設置した足場を養生シートで覆って万一の脱落に備えた。

 瑕疵担保期間外ではあったが、ごくまれにしか発生しないはずの自然破損が続いたことを重く見た五洋建設は、こちらも無償交換した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら