台北101の隣接地に2018年に竣工した「台北南山広場」。三菱地所設計では、この大型施設の設計をきっかけに、台湾での設計受注が拡大している。その中心を担うのが、役員の大草徹也氏をかじ取り役とする3人だ。

左:プロジェクト統括 須部 恭浩氏 三菱地所設計 建築設計三部 チーフアーキテクト
中央:全体統括 大草 徹也氏 三菱地所設計 取締役 常務執行役員
右:プロジェクトマネジャー 張 瑞娟(ベッキー・テュン)氏 三菱地所設計 海外業務企画部 主事
[画像のクリックで拡大表示]
台湾の受注を拡大するキーパーソン
三菱地所設計で、台湾での設計活動を中心となって担う3人。中国での経験を基に、積極的な提案を仕掛けるのがプロジェクト統括の須部氏。主任設計者を兼ねて実務も取りまとめる。マネジャーとして、現地発注者が抱える問題を分析するのが台湾出身の張氏。全体のかじ取り役を大草氏が担う(写真:山田 愼二)

 三菱地所設計にとって、「台北南山広場」(「フォーカス建築 2つの顔で東西をつなぐ」参照)の完成は、設計ノウハウの蓄積の面からも、受注拡大の面からも影響が大きかった。それがきっかけとなり現在、代表的な大型物件だけでも4つが台湾で進行中だ。南山広場の全体を統括し、取締役常務執行役員として中国や台湾をメインに海外を統括する大草徹也氏は次のように話す。

 「海外のプレゼンでは、発注者の困っていることを分析して、どうデザインに生かせるか、シンプルに分かりやすく伝える。グラフィックにもこだわったプレゼンをここで学び、次の仕事に生かしている」

 例えば、南山広場では、高層棟の形態を決定する際、発注者の南山人壽保險の「山」を手掛かりに、東西をつなげる案を示した。現地の設計者案との多数決でこの案が採用。全体の骨格が固まっていった〔図1〕。

〔図1〕インパクトあるプレゼンで提案を実現
建設前の敷地(左上)と設計時のプレゼン資料。うち右上が高層棟のデザインが採用された際、須部氏が描いたプレゼン資料。発注者はそこから合掌して祈る姿をイメージした(資料と写真:三菱地所設計)
[画像のクリックで拡大表示]
完成した高層棟の写真。左が台北101(写真:三菱地所設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 主任設計者として自らスケッチを描いてプレゼンに当たった須部恭浩氏(同社建築設計三部チーフアーキテクト)は、「スケッチやパースを短期間にどうまとめて発注者に見せれば効果的か、南山広場で試行錯誤しながら学んだ。欧米の事務所と違って構造や設備の担当とチームでプレゼンに臨めることも大きい」と語る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら