少子高齢化や新築需要の減少が進む日本。新たな収益源の確保は建設業界にとって死活問題だ。それでも外に目を向ければ、建設市場規模が拡大するアジアマーケットが広がる。前号の特集では勢いのある都市を現地からリポートした。今号は、これから一歩を踏み出す設計者を後押しすべく、現在進行中の案件で「契約」「営業」「人・体制」に焦点を絞り、成功の秘訣を探る。

[画像のクリックで拡大表示]
国内の設計事務所や事業者が手掛ける現在進行中のアジアプロジェクトを並べた。詳細は、「SNSなどチャンスは身近に」参照。資料は、設計者や事業者の提供。地図は画像処理を加えたイメージ
出典:日経アーキテクチュア、2019年5月23日号 pp.42-43 特集 いざアジア
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。