職人の不足や高齢化が深刻さを増すなか、生産性向上に加え、働き方改革も求められている。この2つをどう両立させるか。日本建設業連合会(以下、日建連)の木谷宗一・建築生産委員会施工部会長に聞いた。

木谷 宗一(きや そういち)
木谷 宗一(きや そういち) 2013年から日本建設業連合会建築生産委員会施工部会長を務める。在籍する竹中工務店では、「大館樹海ドーム(ニプロハチ公ドーム)」などの施工現場を経て、1999年生産本部副部長、2005年生産本部技術部長。11年から生産本部専門役(写真:日経アーキテクチュア)

 建設現場における職人不足が取り沙汰され、いかに生産性を向上させるかが大きな課題になっています。建設業の現況をどう捉えていますか。

 人手不足、技能者の高齢化に加えて業界の魅力不足。これらを克服することが喫緊の課題です。総務省の調査で見ると、建設技能者人口は1997年時点で464万人だったのが2014年には343万人と、26%減少しました。さらにこのまま放置すると25年には215万人程度になると、日建連は見ています。

 また、日建連が15年3月に策定した長期ビジョンでは、14年度に50歳以上だった技能者153万人のうち、7割強に当たる109万人が25年までに離職すると試算しています。高齢化は特に深刻です。

 これらを受け、日建連では25年までに90万人の新規入職者獲得を目標に掲げています。それでもまだ、35万人が足りない。この分を、省力化技術でカバーしようというのが我々の考えです〔図1〕。

〔図1〕入職者なしならば職人が37%減少、35万人分の省人化を目指す
日本建設業連合会が掲げる2025年までの新規入職者数と省人化の目標。15年以降の予測値は日建連による試算 (資料:日本建設業連合会)
[画像のクリックで拡大表示]

 建設業には5年間の猶予が与えられていますが、この4月には、働き方改革関連法が施行しました。一方で、国土交通省は建設現場の生産性について25年までに20%向上させることを掲げています。

 生産性向上に関しては、当然ながら、日建連会員各社のみならず中小建設会社を巻き込まない限り、20%の生産性向上は未達に終わります。なぜなら、15年時点の建設投資51兆円のうち建築(非木造)は16兆円。日建連建築本部委員会に加盟する55社のシェアで見ると8.7兆円と、建築全体の半分強でしかないからです。

 18年時点の日建連会員各社の生産性は、15年と比較して約9%向上しています。これをエンジンにしたとしても20%まで引き上げるとなると、我々だけでは相当にハードルが高い。生産性向上策を中小建設会社へ水平展開していくことが不可欠です。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら