告示98号では、国土交通省が実施した実態調査を踏まえ、略算表に示す標準業務量を見直した。旧告示と比べ、3000m2付近を境に小規模建築物の標準業務量が減少。中小規模事務所には厳しいルール変更となった。

 「当会の会員は1000m2から5000m2規模を中心に手掛けている事務所が多い。基準の改訂で、会員事務所は報酬面でかなりのダメージを受ける」(日本建築士事務所協会連合会の佐々木宏幸会長)

 告示98号は、旧告示では示されていなかった500m2以下と、2万m2以上の規模の標準業務量を示した。加えて、略算表に示す標準業務量を見直した。国交省が実施した実態調査で、有意な結果が得られなかった戸建て住宅は変更していない。

 告示98号で示した略算表の標準業務量については、妥当性を疑問視する声もある。中小規模事務所の関係者が指摘するのは、規模が小さくなるほど、旧告示よりも標準業務量が小さくなる点だ。

 日経アーキテクチュアは、例として事務所など標準的な業務施設(第4号の第1類)における標準業務量を、告示98号と旧告示15号で比較した。各面積における標準業務量をプロットし、近似曲線で結んだ〔図1〕。

〔図1〕中小規模事務所に厳しい改訂
標準的な業務施設の例。旧告示と告示98号を比較。略算表に示す標準業務量をプロットし、近似曲線で結んだ。500m2規模は約半分になった(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 告示98号はグラフが直線的になり、大規模な建築物における標準業務量は大幅に増加した。その一方で、3000m2付近を境に中小規模の標準業務量は減少。500m2規模では、旧告示と比較して半減した。商業施設など、ほかの用途の施設でも同様の傾向が見られる。

監理の業務量が6割減も

 北海道建築士事務所協会は告示案のパブリックコメントの段階で、国交省に対し、標準業務量の見直しを求める意見を出した。同協会の庄司雅美会長は、「中小規模の建築物を手掛ける事務所が減少する可能性がある」と指摘。「民間業務で求められるのは、いかに安くできるかということ。告示で示された基準からどこまで安くできるかと問われかねない。報酬と業務量が見合わず、受注したくても受注できないといった事態が発生する恐れがある」と懸念する。

 中小規模の標準業務量が減少したなかでも、庄司会長は工事監理の業務量の減少幅が大きいことを問題視する〔図2〕。旧告示と比較して約6割も減少している規模もある。

〔図2〕工事監理の標準業務量が大幅減
標準的な業務施設(第4号の第1類)における設計と工事監理の標準業務量を、旧告示と告示98号で比較した。500m2では工事監理の業務量が約6割減少した(資料:国土交通省の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 「近年、施工現場での品質低下が問題となるケースが目立つ。報酬が減額される一方で、これまで以上の業務を求められると、事務所の運営がままならない状態に陥りかねない」(庄司会長)

 工事監理の標準業務とされる「工事と設計図書との照合および確認」については、国交省が工事監理ガイドラインを定め、具体的な照合の内容や方法を示している。適切な報酬を得るためには、標準外業務を明確にし、発注者の理解を得ることが不可欠だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら