都心で下層階に保育施設、中上層階に賃貸住戸とシェアハウスを設けた集合住宅だ。シェアハウスは最上層に配してプレミアム感を高めるとともに、賃貸住戸を含めた住民交流を促す“装置”としての役割も担う。

 今年1月に完成した「プロシード両国2(ルーフトップシェアハウス)」は、複合用途の集合住宅だ。免震基礎の地上10階建てで1~3階に認可保育所、4~8階に賃貸住戸、9・10階にシェアハウスを配している。

 この物件の開発は、東京都が福祉貢献型建物の整備促進を目的に進める「官民連携福祉貢献インフラファンド事業」に基づくプロジェクトだ。スターツアセットマネジメント(東京都中央区)をファンドマネジャーに、都とスターツグループが折半出資で投資事業有限責任組合を組成。特別目的会社(SPC)を介して、周辺で不足する保育施設をテナントに入れる前提で開発した。総事業費は土地・建物の合計で約12億円。

共用空間を生かす仕掛け

 設計を手掛けたのは、オンデザインパートナーズ(横浜市)。計画上の最大の特徴は、シェアハウスを最上層に配した点だ〔写真15〕。シェアハウスは一般に、賃貸住戸に比べて賃料の安さが魅力。事業者も最低限の仕様・仕上げで建設する例が珍しくない。その点で、賃貸条件でアドバンテージを見込める最上層に置くのは、定石から外れる計画だ。

〔写真1〕共用空間と中庭が開放感を生む
9階のシェアハウスで共用のリビング・ダイニング・キッチン。中庭の階段で屋上庭園と行き来できる。住室は南側(写真左手)と北側に集約 (写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕1~3階は認可保育所
右から2棟目が「プロシード両国2」。JR両国駅から徒歩10分ほどの立地だ。近隣で不足している保育施設を入れる前提で建設した(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕眺望の良さと賃貸住戸同等の内装
シェアハウス住室の内部。専有面積は8.51m2~9.34m2とコンパクトだが、賃貸住戸と同等の内装仕上げだ。大きめの開口にべランダを設け、最上層の眺望の良さを生かしている(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真4〕屋上庭園は住民同士の交流の場
植栽やベンチなどを配して庭園化した屋上空間。中層階の賃貸住戸に住む人も、エレベーターなどで自由に行き来できる。日常的な交流やイベントなどを通じた交流の場となる(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真5〕中庭でシェアハウス共用部に採光
シェアハウスの9・10階を貫く吹き抜けの中庭と屋上庭園をつなぐ外階段。共用部の採光・通風を向上する装置でもある。屋内外を緩やかにつなぎ、共用部に開放感をもたらしている(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]

 このシェアハウスは、立地の良さと最上層ならではの眺望とともに、住室内はシンプルだが中層階の賃貸住戸と同等の仕上げ。さらに広々とした共用のリビング・ダイニング・キッチン、男女兼用階と女性専用階の設定に加えて、吹き抜けの中庭から階段で昇り降りできる屋上庭園を目玉に、「プレミアム化」を計った。平均賃料は共益費込みで月額8万円前後と、周辺の一般的な賃貸ワンルーム並みの水準だ。

 屋上庭園は物件全体の共用空間で、賃貸住戸〔写真67〕の住人もエレベーターなどで自由に使える。オンデザインパートナーズの西田司代表はプランを次のように説明する。 「シェアハウスは、住まい手が単独の支出だけで確保できない空間的価値を利用できることがメリット。他方、通常の賃貸住戸だけの建物に庭園などの共用空間を設けても、あまり活用されない。シェアハウスの住人は日常的に共有空間を利用するので、その様子を見て賃貸住戸の住まい手も利用しやすくなる」

〔写真6〕標準仕様にひと工夫加える
ワンルームタイプの賃貸住戸。内装仕上げはスターツグループの標準仕様を基本にしているが、天井の躯体現しなど、コスト面のメリットを加味した設計者の意匠提案も取り入れた(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真7〕外光反射で日中明るい中廊下
賃貸住戸階の中廊下。住戸と同じく天井は躯体現しで、配管が意匠上のアクセントになっている。エレベーター付近の廊下は一部が片面開放なので、日中は外光の反射がかなり奥まで届く(写真:浅田 美浩)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら