建築では音を巡るトラブルが後を絶たない。工夫して設計したつもりでも、受音者の感じ方によっては騒音が生じていると捉えられることがある。多様化する受音者の耳に配慮した防音設計は、どうすれば実現できるのか。シリーズ「『想定外』の教訓」の第1回は、音のトラブル事例から、見落としがちな設計・施工のポイントを学ぶと共に、音問題の背景を探る。

(イラスト:kucci)
[画像のクリックで拡大表示]
音が原因で紛争になった不具合は多い
共同住宅で紛争になった不具合事象。「遮音不良」や「異常音」など、音を原因とした不具合による紛争が目立っている(資料:住宅リフォーム・紛争処理支援センター「住宅相談統計年報2018」)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2019年3月14日号 pp.40-41 特集 過敏になる音問題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。