仕上げは見た目だけでなく躯体を守る役目も担う重要部材だ。想定外の劣化や早期の汚れといったトラブルを回避し、美しく保つための勘所を押さえておきたい。まずは、木材保護塗料のトラブル回避術を紹介する。(日経アーキテクチュア)

(写真左:オスモ&エーデル、写真右:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 シナベニヤを貼った内装で、クライアントから木目を見せた黒色の塗装仕上げをリクエストされた。そこで、エボニー(黒檀(こくたん))色を選んで塗装後、現場に行ってがくぜんとする。全体が色ムラだらけの仕上がりで目も当てられない。

 木材保護塗料を仕上げに使って、そうした苦い経験をしたことのある設計者も少なくないだろう。色ムラは、塗装業者が下手だからだと結論付けてしまいがちだが、実はそうでもない。塗料と木材の相性が関係しているケースも多いのだ。

 木材保護塗料は、大別すると「クリア」「半透明」「塗り潰し」の3種類の仕上げがある。その中で木目を見せる半透明の仕上げは、木が「軟らかい」「塗料の吸い込みが悪く不均一である」「樹脂分が多い」ことが原因で色ムラになりやすいのだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら