「平成」の検証に入る前に、1980年代後半の状況について内藤廣氏に聞いた。バブル経済が過熱するなか、内藤氏は、バブルとは無縁の「海の博物館」の設計に没頭していた。それでも、「自分もバブルの波に乗っていたら、あらがうことはできなかった」と振り返る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら