2019年の夏以降、東京五輪・パラリンピックの会場となる施設の完成が相次ぐ。インバウンド需要を見込んだホテルや商業などの集客施設が全国で開業する予定だ。東日本大震災や熊本地震の復興拠点となる大型建築も目立っている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら