老朽化した中心部を更新するラストチャンス─。インバウンド増加などの追い風を受け、オフィスやホテルを誘致するとともに、中心部の機能更新を目指すのが札幌と名古屋だ。札幌は新幹線延線、名古屋はリニア開通に照準を合わせる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら