今後の関西経済を占う2つのエリア開発が、大阪市内で同時進行する見込みだ。2025年国際博覧会(万博)開催予定地の人工島・夢洲(ゆめしま)と、22年以降に高層ビルが相次いで完成する大阪駅周辺。東西軸と南北軸の相乗効果が鍵となる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら