建築士法、建築物省エネ法、建築基準法、バリアフリー法──。建築界を取り巻く法制度の改正が目白押しの2019年。建築士資格や設計実務への対応は待ったなしだ。改正に伴い、建築実務者が新たに身に着けなければならない知識は何か。多分野の専門家の見方を交えながら、実務への影響を探る。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2019年1月10日号 pp.34-35 特集 重要改正相次ぐ法制度2019
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。