温暖化の進行を肌で感じる昨今の夏。エアコンの買い替えを考えた人も多いだろう。前真之・東京大学准教授は、エアコンの性能表示は実使用と合致しておらず、間違った機器選びを誘導しかねないと警鐘を鳴らす。

(イラスト:ナカニシミエ)

 熱中症予防のためにも、盛夏の時期に冷房なしで暮らすことは、もはや不可能だ。暖房には様々な方式があるが、冷房の場合、現実的にはエアコン一択。今回は、正しい機器選びに欠かせない、エアコンの省エネ性能の読み解き方について解説する。

 まずは図1の性能ラベルを例に、エアコン効率を確認するための基本用語などを確認しよう。

〔図1〕エアコンのラベルには情報と問題がいっぱい!
メーカーのウェブサイトなどで公開されているエアコンの性能ラベルの一例。ラベルには、様々な経緯で制定された能力やエネルギー効率に関する情報が凝縮されている。ただし、今日の建物性能や使い方と合致しておらず、間違った機器選びを誘導しがちである
[画像のクリックで拡大表示]
🅐 以前使われていた定格効率(COP)は、2010年以降はカタログ表示から削除されたが、冷房・暖房の定格能力を消費電力で割れば、自分で計算できる。この機種の場合、
暖房定格効率=3.6×1000÷680=5.3/冷房定格効率=2.8×1000÷560=5.0
🅑 通年エネルギー消費効率(APF)=暖冷房の熱負荷合計÷期間消費電力量。
APFは、2005年に制定された外気温・熱負荷の分布と効率変動に基づく通年の効率。熱負荷の合計は暖冷房能力に応じてJISに定められており、 2.8kW機種は5296kWh
🅒 期間消費電力量は、夏は冷房、冬は暖房を1日18時間運転した場合の推定消費電力量。JIS C 9612に基づき、東京の気象条件において冷房期間と暖房期間が定められている
🅓 省エネ基準達成率は、トップランナー基準で機器能力ごとに定められたAPFの目標値(2.8kW機種は5.8)から、どれだけ優れているかを示す
🅔 設置場所の畳数の目安は、空気調和・衛生工学会が1965年に制定した推定法に基づく。断熱や日射遮蔽がほとんどない低性能住宅が想定されており、現代においては、ユーザーを過大な能力のエアコン選びに誘導しかねない

 エアコンのエネルギー効率は2004年まで、冷房と暖房の定格効率(COP=定格能力÷消費電力)で示されており、この値が高い機種を選ぶことが節電につながるとされていた(A)。だが、COPは定格能力(≒通常運転における100%能力)での効率しか示しておらず、低負荷での運転が多い実使用との乖離(かいり)が問題とされた。より実態に近づけた新たな指標として、通年エネルギー消費効率(APF)が05年に制定された(B)。

APFが高いと電気代が安い

 APFの計算では、東京の外気温の発生時間を基に暖冷房を1日18時間、外気温35℃で冷房定格能力100%の負荷が発生すると仮定し、後述するエアコンの効率変動を考慮して「期間消費電力量」を算出する(C)。暖冷房の熱負荷合計を期間消費電力量で除した値がAPFだ。値が大きいほど少ない電力量で暖冷房の熱負荷を処理でき、節電になる。

 国は、機器の能力ごとにAPFの目標値を定め、到達できない機種を市場から「退場」させている。エアコンの性能ラベルに記載されている「省エネ基準達成率」は、このトップランナー目標値から当該機種のAPFがどれだけ高いかを示している(D)。

 気になる暖冷房費は、期間消費電力量(kWh)に電気代の単価をかければ目安が得られる。1kWh当たり27円とすれば、図1の機種の場合、706kWh×27円≒1万9000円/年。高効率機種にするほど電気代は当然安くなるが、この値は前述した通り、1日18時間と長時間暖冷房することが前提なので要注意だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら