ここ数年、職人不足を背景に、施工現場で作業効率を高める技術の開発が進んできた。2018年はさらに、AI(人工知能)やBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)といったICT(情報通信技術)を活用し、建築プロセスの上流から下流まで広範に、生産性向上の技術開発が活発になってきた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら