6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月の台風21号と北海道胆振(いぶり)東部地震──。自然災害が猛威を振るった「平成最後の夏」。建築防災の在り方が改めて問われている。再び発覚した免震偽装問題など、建築界が抱える構造的な問題も浮き彫りになった。日経アーキテクチュアが選んだ「2018年の建築界10大ニュース」で、1年間の主な出来事を振り返る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら