住宅の一次取得者で、「ミレニアル世代」に代表される若い世代の存在感が増してきた。デジタルネイティブで、物を「所有」するより「利用」する体験に重きを置くなど、上の世代にはない新しい価値観を持つといわれる世代だ。今後、縮小が見込まれる住宅市場において「選ばれる住宅」を提案するためには、新技術を取り入れながら生産性を高め、よりきめ細かくニーズに対応していく必要がある。多様化するニーズにどう応えるか。10の先駆的な動きから、これからの住宅設計のヒントを探る。

(イラスト:ハラユキ)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2018年9月27日号 pp.40-41 特集 選ばれる住宅、10の革新
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。