建築売上高は堅調だが、建築受注高や完成工事総利益率には“一服感”。その一方、営業・当期利益は設計事務所に比べて好調ぶりが表れている。安定した経営環境を背景に、五輪後を狙う新事業分野への取り組みが活発だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら