2017年度単体決算を対象にした日経アーキテクチュア恒例調査では設計事務所、建設会社とも堅調を維持しながらも、業績全体の伸びはやや鈍化。いずれも売上高では中位クラスの会社が元気で、用途別では「宿泊施設」の伸びが際立つ。“次”に向けた新たな動きの本格化も見て取れる。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2018年9月13日号 pp.40-41 特集 経営動向調査2018
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。