米国ニューヨークのジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港にあるTWAフライトセンターが、「TWAホテル」に変身した〔写真1〕。

〔写真1〕50年代旅客機もバーに活用
広さ約1万8600m2のホテルロビー。当時の内装をなるべく残した。ガラス窓の外には、1950年代に活躍した旅客機が駐機し、カクテルバーとして、客を迎え入れる(写真:Max Touhey)
[画像のクリックで拡大表示]

 TWAフライトセンターは、米国の建築家エーロ・サーリネン(1910~61年)が設計し、トランスワールド航空(TWA)のターミナルとして62年に完成。94年にニューヨーク市の歴史的建造物に指定され、2005年には米国の国家歴史登録財として認定された有名建築物だ〔写真2〕。01年に操業を停止したが、それをホテルロビーに改修。5月15日に開業した。

〔写真2〕鳥の翼のような屋根が特徴
コンクリートシェルから成る曲面屋根が特徴のフライトセンター。映画にも使われ、世界で最も有名なターミナルだった。2001年、TWAがアメリカン航空に吸収合併されたのを機に、操業を終了した(写真:Max Touhey)
[画像のクリックで拡大表示]

 フライトセンターの延べ面積は20万平方フィート(約1万8600m2)。ホテルロビーとしては世界最大級になる。客室棟はフライトセンターの歴史的価値を考慮して、同センターから後退した場所に新たに建設した。客室数は合計512室だ。

 そのほかイベントスペースや展望台、プールも併設した。サーリネン設計のチューブ状通路を介して、ロビーや客室からターミナル5へ行けるようにした〔図1〕。

〔図1〕ターミナルの利便性も向上
TWAホテルの配置図。敷地内にホテルができ、深夜や早朝の便を利用しやすくなった(資料:Berlin Rosen)
[画像のクリックで拡大表示]
増築した客室棟(写真右)にカーテンウオールを設置している様子。手前にあるのが、チューブ状の通路(写真:Max Touhey)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発主体は、マリオットなどのブランドを所有・経営するホテルデベロッパーのMCRだ。フライトセンターの改修や増築棟の設計は、ニューヨークを拠点とする設計者、ベイヤー・ブリンダー・ベルとルブラーノ・チャヴァッラが手掛けた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら