カタール東部のアル・ワクラで、故ザハ・ハディド氏の設計によるサッカースタジアム「アル・ジャノブ・スタジアム」がオープンした〔写真1〕。2022年に同国で開かれるサッカーワールドカップ(W杯)のグループリーグや準々決勝で使う。そのこけら落としで5月16日、アミール・カップの決勝戦が行われた〔写真2〕。

〔写真1〕白い帆を張る船をイメージ
フィールドから見上げた様子
[画像のクリックで拡大表示]
スタジアムの外観。ダウ船の船体をイメージした
[画像のクリックで拡大表示]
カタール東部にオープンしたサッカースタジアム「アル・ジャノブ・スタジアム」(写真:2点ともHufton+Crow)
〔写真2〕熱気に包まれる観客席
5月16日に開かれたアミールカップの決勝戦で、盛り上がる観客席の様子(写真:Luke Hayes)
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインのモチーフは、中東の伝統的な帆船であるダウ船だ。暑さの厳しい夏季も使えるように、開閉式屋根と空調を備えた。屋根のファサードの表面積は6万5000m2

 アル・ワクラは首都ドーハから20kmほど南下した場所にある街だ。20年までに開通予定の鉄道ドーハ・メトロが通る計画で、それが完成すれば首都へのアクセスも向上する。スタジアムは、拡大する街の中で期待の施設といえる。

 発注者はW杯の組織委員会で、設計はザハ・ハディド・アーキテクツ、リードコンサルタントはエイコム(AECOM)が担当。開閉式屋根のデザインは、ドイツに本社を構えるシュライヒ・バーグマン・パートナーが手掛けた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら