2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと2年。移動、観戦、宿泊などに関するバリアフリー関連の基準などを見直す動きが活発だ。障害は個人ではなく、社会、環境の側にある、という考え方にシフトしてきた。車椅子使用者、外国人、LGBT……。目指すべきは誰もがストレスを感じずに参加できる社会だ。しかし、特別なニーズへの個別解は、そのほかの人たちのバリアに転じることもある。建築や都市のバリアを解消し、全体的なユニバーサルデザイン化を図るには、設計者の観察力と計画力が欠かせない。

(写真:日経アーキテクチュア、「ルール超えた使いやすさ追及」を参照)
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経アーキテクチュア、2018年7月26日号 pp.34-35 特集 バリアフル建築、利用者の警告
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。