確認検査機関で働いている。確認検査が民間開放されて、約20年。機関が増えて利便性は向上したが、同時に法令に対する解釈の幅も広がった。極端に言えば、増えた検査機関の数だけ解釈の仕方が増したことになる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら